iPad 上 iCal からの Google アカウントアクセスで「不正なパスワード」

Google アカウントのパスワードを変えたら,iPad に「不正なパスワード」のポップアップが表示された.メールとカレンダーを同期しているのでこれ自体は当たり前だが,新しいパスワードを入力したら,一度閉じた後に再び同じダイアログが表示される.どうやら正しいパスワードでも認証されていない模様.

状況調査してみると,Thunderbird でのメールの送受信はOK,Macbook Air の iCal は同様の症状.iPad が一番深刻で,フォーカスがポップアップにロックされるから,ほかのことが一切できなくなる.当然ブラウザで調べることも設定画面で同期を無効にすることもできないので,iPad 単体では完全に手詰まり状態.

検索してみると,アプリケーションからアクセスする場合にはCAPTCHAによってアクセスが遮断される場合があるので,専用のロック解除ページからロックを解除するべしとのこと. Exchange 不正なパスワード 対処方法 – canoeの日記

ボタンをクリックした後10分間にアクセスしてね,とのことなので,アクセスしてみたが,状況変わらず.

さらに調べると,こんな記事も見つかった. Googleのパスワードを変更するとiPhoneやiPadでExchangeで不正なパスワードと表示。キャンセルしてもできない。 | iPhone&iPad&Twitter&facebookお役立ちブックマーク

試しに Macbook Air の iCal を再起動してみると,なんてことはなく普通に同期した.やったね.

ただ,iPad の方はそうはいかない.ポップアップのせいでアプリを終了させることもできず,iCal がフォアグラウンドだからタスクバーにも出てこない.最終的に,電源ボタンで OS ごと落としました.

今回の問題でわかったのは, iCal が残念だということと,やっぱり iPad のタスクバーにはフォアグラウンドのタスクも表示すべきということでした.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。